img1

ポートレート・インスタレーション by Celeste Urreaga

アルゼンチンから来日する芸術家が、この夏最高の思い出写真を撮影!!

アルゼンチン、ネウケン州出身のビジュアルアートアーティスト セレステ・ウレアガさんがイスラ・デ・サルサに参加するために福岡へやってきます。
会場内のバンガロー (ビーチ側 A-1棟) にセレステが手掛けるアーティスティックなインスタレーションが施された空間が出現!

チャーリー・ガルシア、アンドレス・カラマロ、カチョロ・ロペス、ファビアナ・カンティロ、リカルド・ダリンなど、アルゼンチンを代表するアーティストのポートレート写真を手掛け、ラテンアメリカのロック界のアーティスト写真で高い評価をされているセレステが、皆さんをモデルにインスタレーション内で写真撮影。


■ 写真撮影 1回: 200円
※ 会場にて直接写真家へお支払ください。
※ 会場にて記入いただくEmailアドレスへ、後日写真家より直接写真データをお送りします。

 

 

 

Celeste Urreaga  (セレステ・ウレアガ)

アルゼンチン、ネウケン州出身。

ブエノスアイレス大学 (UBA)で政治学を履修した後、サン・マルティン国立大学 (UNSAM)で文化マネージメント学の博士号を取得。 
大学院卒業後は文化や芸術の分野で活躍。10年以上にわたり、アルゼンチン文部省で国内外における文化プログラムの企画・コーディネートを担当する。 
また、個人的に舞台やアーティストプロデュース、オーディオビジュアルの分野でもプロデューサーとして活動。 
常にカメラを片手に、一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮影しながら、我流のスタイルで写真の分野にも活動を広め、アルゼンチンを代表する写真家の一人として高い評価を得るようになる。 
近年はコラージュなど造形芸術の分野にも活躍の場を広げ、独自の撮影プロデュースの材料として空間的芸術を用いている。

写真家として最も重要なプロジェクトとなった" Retratos del Rock (アルゼンチンロックのポートレート)" は、アーティストとしての統括的、対話型の写真展としてアルゼンチンの各地で展示された。40点から構成される作品のなかには、チャーリー・ガルシア、アンドレス・カラマロ、カチョロ・ロペス、ファビアナ・カンティロ、リカルド・ダリンなどラテンアメリカを代表するロックアーティストたちのポートレート写真も含まれている。同展は2015年にセルバンテス東京にて1ヵ月に渡り開催され、日本でも高い評価を得た。 
ブエノス・アイレスでフォトスタジオ「Studio 390」を設立し、そこでオーディオビジュアル作品を制作している。 
アクティブで自由な発想と好奇心旺盛なスピリッツが彼女や作品を様々な国や都市に赴かせている。

 

 

【開催協力】